車買取業界で活躍する中古自動車査定士とは

車買取業界で活躍する中古自動車査定士とは

 

中古車市場、買取市場の拡大によって注目されているのが「中古自動車査定制度」「中古自動車査定士」です。

 

個人にとっても日本国にとっても大切な資産である自動車。

 

その自動車の資産価値を規定するために制定されている制度と、その制度のもとに取得できる技能資格について解説していきます。

 

 

 

中古自動車査定制度とは

 

中古自動車査定制度は昭和54年4月1日に通商産業、運輸両省の指導のもとに制定されました。

 

その目的は、新車及び中古車の適正査定の普及、浸透を図ることにあります。

 

その制度のもとに設立された組織が『一般財団法人 日本自動車査定協会』通称JAAIです。

 

日本自動車査定協会は、中古車売買市場の健全な発展」「消費者利益の保護」を実現するため、中古自動車査定基準の設定、査定士の技能検定試験・技能研修などを実施しています。

 

 

 

中古自動車査定士とは

 

中古自動車査定士とは、日本自動車査定協会が実施している「中古自動車査定士技能検定」(民間資格)に合格し、中古車買取店など査定業務実施店に従事している者のことです。

 

試験に合格すれば永久に資格を維持できるわけではなく、実際業務に就いていることと、3年に一度の研修を受けることが必要となります。

 

小型車査定士と大型車査定士の2種類があり、小型車査定士は普通運転免許以上の免許所持、大型車査定士は大型第一種運転免許以上の免許所持が要件となっています。

 

 

 

査定士技能検定の合格率・現状

 

中古自動車査定士技能検定試験は年に二回行われています。

 

営業活動上及びコンプライアンス上必須な資格として、大手ディーラーなどは自動車販売に関わるほぼすべての従業員に取得させているようです。

 

合格率については、以前は99%ほどもあり、受験すれば受かる資格とされていました。

 

しかし現在では、年々合格率が低下してきており、大都市圏での合格率は70%を切るようになってきています。