車の個人売買する場合のメリットとデメリット

車の個人売買する場合のメリットとデメリット

 

車というのは購入して終わりではなく、その後も色々な費用が発生してきますし、車本体の金額も安くありません。

 

そこで、買う方はできるだけ安く、売りたい方はできるだけ高く車を売りたいという目的から注目されるのが「個人売買」です。

 

ここでは、車を個人で取引する場合のメリットとデメリットを解説していきます。

 

 

 

車を個人で売る場合のメリット

 

車を個人から個人に売る場合、ディーラーや販売店などを通すと取られる販売手数料や人件費などを浮かせることができます。

 

つまり、売った金額がそのまま自分に入ってくるというメリットがあります。

 

多くの場合、中古車販売店を通すよりも利益幅は大きくなるでしょう。

 

 

 

車を個人で買う場合のメリット

 

売り手が高く売れるということに対して、買い手の場合は、個人売買だと安く車を購入できる可能性が高いというメリットがあります。

 

これは販売店が上乗せする整備費や利益、消費税などがかからないためです。

 

「目当ての車をできるだけ安く買いたい」というときに有効な手段と言えます。

 

さらに、なかなか市場では出回っていない希少価値の高い車を発見・購入できるという可能性もあります。

 

車好きの方、旧車や特殊なクルマを欲しいと思っている方には、特にメリットだといえるでしょう。

 

 

 

車を個人で売る場合のデメリット

 

車はモノではありますが、ただ受け渡すだけでは済みません。

 

名義の変更など各種の手続きが必要で、これが意外と複雑で面倒です。

 

中古車販売店などを通して手数料を支払えば、手続きも簡単にやってくれるのですが、個人売買となると、買い手だけではなく売り手も同じように手続きに手間と、それに対する時間がかかるというのがデメリットの1つです。

 

また、買い手側がどんどん値下げを希望するケースもあり、希望価格で車を売れないこともありえます。

 

そういった個人間の取引によって生じるストレスもデメリットになると言えるでしょう。

 

 

 

車を個人で買う場合のデメリット

 

個人売買で車を買った際には、プロを通して(中古車販売店)手続きを行っていませんから、トラブルが発生するという可能性もあります。

 

「クルマの状態が聞いた話と違う」「買ってすぐに壊れた」などはよくある事例です。

 

特に中古車で、かなり年季の入ったものであれば余計にそういったトラブルが発生する可能性は大です。

 

そうなっても、個人売買の場合は補償などはありませんから、すべて自分で対処しなければいけないというデメリットがあります。

 

そして、売る側と同じように、買う側にとっても、各種の手続きなどで手間がかかりますし、取引相手の対応次第で、車の受け渡しにも時間がかかることがあります。